ネタバレ感想あり!『Dope/ドープ!!』の気になるあらすじやキャスト&楽曲情報!

いまどきオタク高校生の日常の中の非日常!映画:『Dope/ドープ!!』

imgres

2015年6月19日にアメリカで一般公開された今作品。

作品としては懐かしの90年代HIPHOPを中心とした素晴らしい音楽と、いまどきのテンポよいコメディー・クライム作品に仕上がっています。

実は興行成績的にはイマイチな作品ではあるんですが、RottenTomatoなどの映画評価サイトではなかなかの高得点な作品なんです。

感覚的には映画館上映後にDVDなどで観た人が、この作品の良さに気づいた感じですかね。

そんな彼らに是非劇場に足を運んで欲しかった!

さて、そんな映画『Dope/ドープ!!』のあらすじやキャスト、ネタバレ感想や映画内の楽曲情報など詳しく紹介します!

スポンサーリンク

映画『Dope/ドープ!!』のあらすじ
ところで、このドープ(Dope)ってどんな意味?

Dopeの意味はいわゆるCoolと似た感じで、かっこいいとかヤバイとかそんな感じの英単語です。

でもCoolよりかはもっと強調したい時に使う単語です。

この作品内に出て来るドラッグ的な意味も持ちます。

あらすじ

imgres

アメリカでも底辺といわれてしまうLAのイングルウッドに住む高校生マルコム。

90年代HIPHOPオタクでかなりの秀才の彼は高校卒業後の進路をハーバード大学としているが、校長からもこの地域からハーバード行くなんて無理と言われてしまう。

そんな中、憧れの女の子の誘いで行ってしまったドラッグディーラーのバースデーパーティーでとんだトラブルに巻き込まれる。

なんと、自分のバッグの中にたくさんの麻薬と銃が入っていたのだ!…というか入れられていたのだ!

それを入れた張本人は警察に捕まっているので、彼の指示通りに返すため翻弄する彼と友人のジブとディギー。だが、数々の出来事があり結局返せなくなる。

そして、そんなゴタゴタの中でも進路を気にするマルコムは学校への推薦状をもらう為にある人物を訪れる。

地位も名誉もあるその人が、実は自分が本来麻薬を返すべき人と知り、そして、その彼が”表の顔”をつぶされないように?言った一言『受け取ってしまったならちゃんと責任もって始末するべき』という言葉そのままに、マルコム達はこのドラッグを売りさばくことを決意する。

スポンサーリンク

映画『Dope/ドープ!!』の製作陣やキャスト!

監督・脚本はアフリカンアメリカン映画を数作手がけるリック・ファミュイワ

実はこの映画の舞台になっているカリフォルニア州ロサンゼルスのイングルウッド出身でもあります。

そして製作総指揮にファレル・ウィリアムス

彼が作品内の主人公バンド『オレオ』の曲も作ったらしいです。

彼が音楽を監修してるからか、曲の選曲センスが半端なくいいです!

下にそこらへんは詳しく書きますね。

主人公マルコムを演じるのはシャメイク・ムーア

この作品後に映画『スパイダーマン: スパイダーバース』の主役の声を演じています。

彼は元々TVで演じる事が多いようで、今作品は彼の映画初主演になります。

そして友人ジブにトニー・レヴォロリ

彼は『グランド・ブダペスト・ホテル』のゼロ役が一番有名かな?

その後にこちらは実写版ですが、マーヴェル・シネマティック・ユニバース内のスパイダーマンシリーズに主人公ピーター・パーカー/スパイダーマンの高校の同級生でいじめっ子のフラッシュ役を演じています。

もう一人の友人のディッギーにカーシー・クレモンズ

今回彼女はディッギーというレズビアンのテーンエイジャーを素晴らしく演じています。

ちなみに、今作が彼女の映画デビュー作となっています。

そんな映画デビューとは思わせない素晴らしい演技を見せてくれています!

その他にも憧れの女の子ナキアに、レニー・クラヴィッツの娘ゾーイ・クラヴィッツ

マルコムを困らせたドラッグディーラーのドムにA$AP Rocky(エイサップ・ロッキー)。

そして高校のいじめっ子役にはキース・スタンフィールド

彼は結構インディペンデント系の小規模作品に出てますよね。

そんなキース・スタンフィールドの詳しい紹介記事がありますので、気になる方はチェックしてみて下さい!

スポンサーリンク 「デスノート」のL役、イケメン俳優キース・スタンフィールドの出演映画や私生活を紹介! 出演作品がどんどん増え...

ビクトリア・シークレットのトップモデルとして有名になったシャネル・イマンも出演しています。

全キャラクターが憎めないです!いい味だしてます!

スポンサーリンク

映画『Dope/ドープ!!』の挿入曲がカッコいい!サウンドトラック曲リスト!

この作品は90年代HIPHOP超リスペクトなので、効果的な音楽が効果的な場所に使われております。

その時代の申し子達にしたらこれはもうかなり嬉しい作品のハズ!

そして選曲のセンスの良さが、これまたファレル・ウイリアムスならではな超素晴らしい選曲!

サウンドトラック の曲リスト(オレオ/Awreeohは除く)

Rebirth Of Slick (Cool Like Dat) – Digable Planets

The World Is Yours(feat. Pete Rock) – Nas

Rebel Without A Pause – Public Enemy

Scenario(feat. Leaders of the New School) – A Tribe Called Quest

Cocaina Shawty – Kap G

Poppin’ Off – WatchTheDuck

The Humpty Dance – Digital Underground

New Money – Buddy

Hip Hop Hooray – Naughty By Nature

Dirty Feeling – Lolawolf

Home is Where the Hatred Is – Gil Scott-Heron

Know What I Want – Kali Uchis

そしてこの曲は映画内の主人公たちのバンド『オレオ/Awreeoh』の曲の一つ。

このバンド『オレオ/Awreeoh』の曲は結構あるんですが、どれもいいです!

さすがファレル!

スポンサーリンク

映画『Dope/ドープ!!』の予告編公開!
日本語字幕版予告編

パッと見は青春ドタバタコメディな感じなんですが、これ、ドラッグが絡むと一体どうなるのかかなり気になりますね!

あと、いわゆるゲットーと呼ばれる環境の中育っている彼らの、悪いイメージではなく、むしろ明るく楽しいイメージを、ただただバカ明るいステレオタイプなアフリカンアメリカン映画ではなく、ちゃんとスマートな方法で映している数少ない作品なんじゃないかなーとも感じます。

スポンサーリンク

映画『Dope/ドープ!!』のネタバレ感想!

はっきり言ってかなり面白いです。

音楽も、脚本や撮り方もテンポも全部、観ていて全く疲れないしあっと言う間に引き込まれます。

LAのイングルウッドという底辺地域に住むアフリカンアメリカンという地点で既に世間からはいわゆる”そういう目”で見られてしまう中、自分の意志で、かつ自分の立場を賢く利用して生きていく若者の姿が本当に上手く表現されています。

何より、現代のネット社会におけるオタク青年達がドラッグをばらまく手法としてFacebookはもちろんビットコインを使う等、かなりリアル!多分本当にあり得るからこその手法なんだろうなぁ。

もちろんそれ以外にも、ナキアが大学に入ろうと高校卒業相当の資格に当たるGEDを頑張って取ろうとしてるとことか、アメリカに住む人の中でもなんとかこの環境から抜け出そうとしてる人の努力とか、そういうのをさりげなく取り上げてるのも素晴らしい。

アメリカに居る黒人って、本当に自分の立場や他の人からの評価をしっかり理解して、なおかつその裏をかいて賢く立ち回らないと生きて行けないんだなぁと、この作品から痛感しました。

悲しい現実だけど、それがしっかりうまくいったときには自分のステータスがものすごくジャンプアップするのも事実。サバイバルですよ、ほんと。

そんなLAに住む一人のアフリカンアメリカン青年の出来事が、内容は本当にかなりディープなのにさらりと見れてしまう痛快コメディで描かれております!

スポンサーリンク

映画『Dope/ドープ!!』日本公開日&DVD情報!

アメリカ公開日は2015年の6月19日。

日本公開日は2016年の1月28日。

アメリカ公開から結構日にちが開いてからの日本公開となりました。

日本の配給会社は映画の人気を見てから日本上映を決定してるのかしら?

そして2017年の1月6日にDVDが発売されています。

DVD発売まで1年もかかってる!びっくり!

この映画、結構な娯楽作品となっているので、是非是非一度見てみてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク
error: Content is protected !!