ネタバレ感想あり!CHAPPiE『チャッピー』

AIロボットが善悪を判断できる?CHAPPiE『チャッピー』

imgres

2015年5月23日に日本で公開された作品です。

監督はSF映画『第9地区』のニール・ブロムカンプです。
彼は基本的にSF作品で有名なのかな?

ちなみに、主人公?CHAPPiEの声の担当はシャールト・コプリー。
ニール・ブロムカンプとの作品は今作で3作目。

キャストは『スラムドッグ・ミリオネア』で一躍有名のデーヴ・パーテル、ヒュー・ジャックマン、シガニー・ウィーバーと結構豪華です。

あらすじ

近未来のヨハネスブルグ。大手兵器メーカーのTetravaal社は高性能人口機能を搭載した人形ロボットを開発し、南アフリカ政府へと販売していた。高い犯罪率を減らす為である。

この人形ロボット開発者のディオン・ウィルソンは、個人的に言葉や感情等を表現出来る新しい人工知能を開発し、Tetravaal社の上司にテストする事を懇願したが却下される。
が、ディオンは諦めきれず、廃品予定のロボットを回収し、基本プログラムのUSBを会社から持ち出しこの新しい人工知能を独断でテストすることを企む。

一方、同じくTetravaal社にて兵器を開発しているヴィンセント・ムーアは、大型な上に攻撃的な彼の兵器を却下され、ディオンを妬んでいた。

ディオンが廃品ロボットを自宅に持ち帰る道中、ニンジャ・ヨランディ・アメリカ三人のギャンググループは彼を誘拐する。
そして、ディオンの車内にあるロボットを見つけ、彼に、このロボットをギャング達の味方にさせようと持ちかける。
それに乗る形で、ディオンは新型人工知能のテストを決行する。

新しい人工知能をインストールされたロボットは、まさしく生まれたての赤子の如く、知識も感情も何もかもが無垢のままで、すぐには戦力として使えない状態。
ディオンは徐々に物事を教え込もうとするが、常に共には居られないので、仕方なくロボットをギャング達の住処に残して行く。
ギャング達の住処に残されたロボットは、彼等と共に生活し、彼等の流儀を覚えて行く。
そして、悪行に手を貸すようになる。

そんな中、USBが持ち出されたことに気づいたヴィンセントは、ディオンの後を付け、この新型ロボットの存在を知る…

出演者=音楽担当

ギャングの3人ニンジャ・ヨランディ・アメリカの内のニンジャとヨランディは南アフリカを拠点に活動するRAPグループ「Die Antwood」で、実際の人物です。

彼等のアジトで流れる曲や、ここぞという時に流れる曲は彼等の手がけるものです。

予告編は次のページへ!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です