ネタバレ感想あり!映画 Dead Pool『デッドプール』

マーヴェルの最新作、Dead Pool『デッドプール』。
日本では2016年6月3日公開予定!
アメリカからいち早く感想をお届けします!

images

アヴェンジャーズ系列かと思いきやXメン系列でした。
まぁ、上記で分かるかと思いますが、予備知識ゼロで観に行きました(笑)

スポンサードリンク

あらすじ

imgres

超自己中?キャラのウェイド・ウィルソンが、恋に落ち?結婚を決めた女の人と幸せな暮らしをしようとしたところで末期癌を告知されます。
それはもう絶望的な癌です。
そこへ、その癌を治すという人体実験のオファーが来ます。
それに乗るウェイド。が、その実験の過程で不死の体と醜い体を手に入れる事になる。
実際に癌は治癒したのだが、愛する彼女には会えない見た目になってしまったウェイドは、この見た目を治す為に実験場にいた実施者のミュータント、フランシスを追う。

ストーリーの感想は…

images-1

とてもいい娯楽作品に仕上がっています。
このDead Poolというキャラもとても良いし、ヒーローでもヴィランでもないいい位置に居ます。
今作はこのDead Poolというキャラクターの紹介みたいな作品という印象です。
なので、アクションよりかは、彼の生い立ち?が主体になってます。
タクシードライバーの恋の行方が気になる所です。
そして個人的にはコロッサスの紳士具合と、あの超人なエンジェルダストとの行方も気になる。
お似合いのカップルだと思うのになーw
あと、毎回、マーヴェル作品の曲の選曲には満足させられているのですが、今回もステキな選曲で満足!
メインがSalt-N-Pepaとは!

あ!Xメン系列だからと言って、エンドロールが始まったら席を立つのは注意!
これはマーヴェル作品。アヴェンジャーズ同様、最後の最後まで楽しませてくれる演出がありますよー♪

ただし!親子で観るのは要注意!!

images

この作品はPG13ですよーーー!

たくさんのジョークが飛び交ってます。
その多くが下ネタです(困)
そしてたくさんのFワードも飛び交っていて(笑)すごく楽しめました。
そしてさっくりとたくさんの人が死んじゃいます。結構酷い形で。
個人的には楽しめましたし、ティーンエイジャーならもちろん楽しめるレベル。

そして、全体的な映画としての感想…

imgres-1

ここからは『映画』として評価した場合の感想。
本当にね、色々、色々と良い部分はあるんだけども、いかんせん残らない!
頭に一切残らない作品!
何かね、TVアニメを観た後みたいな感じ。
TVアニメのクオリティーを実写化して映画にしましたー!どーん!っていうレベル。
まぁ、マーヴェル自体がコミックの実写化なんだけども、なんか、映画!っていうレベルまでは行ってない感じかなぁ。
多分、今回はこのDead Poolというキャラクターの説明的な作品だからかな?という前向きな受け取り方をしておきます。

総評…

本当に良いエンターテインメント作品です。
アクションシーンを大画面で観たい!!って方にはおすすめ!
そんなにたくさん無いけども!…でも割合的にはマーヴェル作品としたら普通なのかな?
が、『映画』をエンジョイしたい!って人には物足りないと思うので、huluなりNetflixなりで出て来るまで待った方がチケット代をセーブ出来るかと思います。

さてさて、そんなデッドプールですが、日本では6月に公開予定。
下ネタ全開のジョーク作品、劇場と家、どっちで観る?

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です