ネタバレ感想あり!ウルヴァリン最終作:LOGAN『ローガン』

X-men:ウルヴァリン3部作の最終作『LOGAN/ローガン』!

今作のウルヴァリンは年老いて登場!身体の治癒能力が衰えてきているので、それと共に老化もしているのです。
ベースとなるのは「Old Man Logan」というコミックシリーズです。

そして、ヒュー・ジャックマンのウルヴァリンはこれが最後!!

ヒュー・ジャックマンだけじゃなく、プロフェッサー役のパトリック・スチュワートも今作が最後となります。

その他、予告編やかんたんなあらすじなどはこちら

気になる映画予告:ウルヴァリン3部作の最終作『LOGAN/ローガン』!

スポンサーリンク

ネタバレ感想!

全体的に悲しいです。
何よりメインキャラが年老いているので切なくなってしまいますね。
ウルヴァリンの刃が骨では無いので、基本的には新しい方のX−MENとリンクしてるのかな?
登場人物などを観るとアポカリプスのキャラも居るので、ちゃんとアポカリプス見直したくなります。

何より、個人的にはプロフェッサーX(チャールズ)の死に方あれでいいの?何か、ウルヴァリンが殺したって思って欲しくないなぁ…と。あと、最後の言葉の含みが深すぎて一度観ただけでは理解できなかったです。これは英語で観てるからなのかな?日本語字幕があれば少しは違うのかも…まぁでも英語自体意味が色々と取れるから、やっぱもう一回観たいかな。

そしてウルヴァリンはお約束のごとく、分かりやすく死にますね。
これにはあんまり感動は無かったですが、何より『ウルヴァリン:SAMURAI』で出て来た彼の死に方予告が反映されていてなるほどーという感じ。

映画内でMARVELコミックが出て来るんですよね。同一世界上でもみんなヒーローのことをコミックにして憧れてるのかぁ〜…と不思議な感じでした。TVドラマのHEROESみたいな感じ。

そしてそして!最後の終わり方なんですが、よくよく考えたらこの映画自体、X-MENの世界からしたら一番最後なわけですよ。他のミュータントは居ないわけだし。
ということは、これ以降はちっちゃなミュータント達の物語になるわけですよね。
もう既にローラ(X-23)単独での何かは計画されてるみたいなので、今後に期待!

日本公開はいつ?

アメリカ公開は2017年3月3日と、もうすでに公開終了しています。
感想書くの遅くなりました。すいません。
日本公開は2017年6月1日!来月ですね!
何とも悲しい雰囲気の作品ではありますが、是非観てみてください!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です