ネタバレ感想あり!John Wick:Chapter 2『ジョン・ウィック:チャプター2』

キアヌ・リーヴス主演最新作!帰ってきたJohn Wick!

imgres

前作から繋がる第2作目。
リタイアしようとする伝説の殺し屋をギルドは休ませてくれないみたいです。

そして今回はローレンス・フィッシュバーンもキャストに加わって更に深いストーリーになってます!
予告編などはこちらをチェック!

気になる最新映画予告:John Wick:Chapter 2『ジョン・ウィック:チャプター2』

更に洗練されたキアヌのアクションシーン!

スポンサーリンク

今作を撮るにあたり、監督はもっとジョンのリアルさを追求したかったようで、キアヌに前作よりも更に多くのトレーニングを要望しました。
もちろんそれにしっかり応えるキアヌのプロフェッショナルぶりも素晴らしい!

そのトレーニングのかいあって、今作のアクションシーンは前作よりもリアルに激しくなっております。

トレーニングに関するインタビューはこちら↓

ネタバレ感想!

ストーリーに関しては結構複雑に見えて簡単なので省きます。
感覚的には前作と同じです。悪い側の人が全部死にます。
そして上記にも書いた通り、今作は前作よりもアクションのリアルさがハンパ無く際立ってます。前作もかなり良かったんだけど、今作はそれの上を行きます。

というのも、ガンファイトや拳だけのファイトシーンだけではなく、ナイフやペンなど、それはもう…スクリーンで観るとしたら地味と言えるファイトシーンが多いです。
でも、だからこそのリアル感がすごい。
結構ね、柔道や合気道など日本の格闘技をメインに取り入れてるのが今作はとても分かりやすい。自分が日本人で見慣れてるからかな?そんな部分が少し嬉しくもあります。

期待したローレンス・フィッシュバーンとの共演は、まぁ、別の映画ですしね。もちろん特に何も無いんだけども…ローレンス・フィッシュバーンの出番が少ないのと、彼等の過去を少し触れたに過ぎないので、そこらへんはもう少し次回作で掘り下げるのかな?どうなんだろう。

今作を撮るにあたり配給会社ライオンズゲートのCEOがジョン・ウィックをフランチャイズ化したいと言っていたので、この次も作れそうな終わり方です。

というか、一難去ってまた一難ですね、ジョンは。
前回は子犬と車をやられ、今回は家ごと焼き尽くされてますからね。もちろん車もだけど(笑)。犬はいい子なんで和みますけども。

何より、ジョンはこのギルド組織に属していたからこその待遇を受けられたわけなんだけども、最後に破門になってから、これからどうやって生きていくのか気になる!というかそれがチャプター3になるのか???
次があるなら早く観たい!

日本公開はいつ?

アメリカ公開日は2017年2月10日。
日本公開日は2017年7月7日。なぜに七夕なのか。

まだもう少し先ですが、前作を観た方はもちろん。そしてアクション映画好きな人はマストで観て下さい!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です