ネタバレ感想あり!Marvel最新作:Captain America:Civil War『シビルウォー/キャプテンアメリカ』

Marvel最新作!Captain America:Civil War『シビルウォー/キャプテンアメリカ』

imgres

マーヴェル・シネマティック・ユニバースの最新作!待ってました!キャプテン!
今回は前作「アベンジャーズ:エイジ オブ ウルトロン」から1年後のお話。
ぶっちゃけアベンジャーズって言っても良いんじゃない?ってぐらいに全ヒーローが勢揃いしてます。
でも、キャプテンアメリカのお話なんですよね。
このシビルウォーのお話がなければ今後のアベンジャーズは続かない!

スポンサードリンク

あらすじ

エイジ オブ ウルトロンの出来事から1年後、ヒドラの残党によるテロ行為を阻止するため、キャプテンアメリカ率いるアベンジャーズはナイジェリアの都市ラゴスに出動する。
残党の一人が自爆する際、ワンダはそれを阻止しようとしたが結局数人の市民を犠牲にしてしまう。
その頃、ソコヴィアで家族を亡くした人からトニーは非難を受ける。

犠牲者が出る事により国際的に非難されてしまうアベンジャーズへ、国連から「ソコヴィア協定」という提案が出る。これはアベンジャーズを国連の管理下に置くというもの。
各国の指示を得たこの案にトニーは真っ先に署名するが、スティーブ(キャプテンアメリカ)は「自分たちで判断して行動する権利が奪われる」と署名を拒否。

そんな中、そのソコヴィア協定の署名式が行われる会場でまたしてもテロ爆破事件が発生し、ワカンダ国王が亡くなる。その息子、ワカンダの王子ティ・チャラは監視カメラで映し出されたバッキー(ウインターソルジャー)へと復讐を誓う。

数々の陰謀と誤解が渦巻く中、ソコヴィア協定に賛同するトニー側と反対するスティーブ側の衝突は避けられずに悪化していく。。。

今回の目玉は新たなヒーローの参加!?

images

主役のキャプテンアメリカやアイアンマンなど、今までおなじみだったアベンジャーズメンバーに加え、今作では別作品で既に登場していたアントマンの再登場や、新キャラのブラックパンサー、そして新キャスティングとなったスパイダーマンの登場と、もうね、盛りだくさんすぎて色々キャラがある意味つぶれまくってますね(笑)
それぞれのキャラがしっかりしてる分、この1作品には収まり切らないかなって感じです。

まぁメインはキャプテンアメリカなんで、その他のキャラは今後新たな作品でどんどん掘り下げられていくことでしょう!

ちなみに、詳しいキャストなどはキャプテンアメリカ・シビルウォー予告編①キャプテンアメリカ・シビルウォー予告編②をチェック!

ネタバレ感想!

今作は上記にも書いた通りアベンジャーズではなくキャプテンアメリカの物語。
にしてもキャストがどう見てもアベンジャーズ風味なんですよね。
それぐらいアクションシーンが素晴らしい!見てて『おぉ!』と唸ってしまうような場面ばかりです。
そして、キャプテンアメリカ側vsアイアンマン側っていうよりも、バッキーを守る側かそれを追う側っていう構図なので、バッキーに復讐心を燃やすブラックパンサーは、ぶっちゃけアイアンマン側かって言われたら…一応バッキーとは逆側だからそっちに居ますよって感じだし、アントマンに至っては何故キャプテンアメリカ側なのかって言ったらサムが居るからぐらいしか理由が無い(笑)
スパイダーマンはさ、トニーに言いくるめられた感があるけど、アメリカ的なジョークでブルックリンかクイーンズかみたいな感じで対立してるのかな?という浅はかな考え。
まぁでもそれはそれで納得できるし面白いからいいや。

上記に書いた通りアクションが素晴らしい上に、そのアクションシーンの比率が高い!
ストーリー重視な部分とアクション重視な部分が半々です。
なので、ちょっと落ち着いたと思ったらすぐ戦って、また落ち着いて…でまた戦って…と、休む間は無いですね。

そしてキャプテン!かつての彼女?ペギーが亡くなったのに、すぐにシャロンとキスするか?
まぁ奥手の彼がキスできたのはなんだか温かい気持ちになったけど、その後のサムとバッキーの顔!これもまた同じ気持ちになりましたよ(笑)
ホント、アベンジャーズは男の子な感じのチームですよね。悪ふざけじゃないけど、真面目な時間が少ない!
さりげなくホークアイのおじさんぶりにも笑えます。ワンダと逃げる場面の走り方に是非注目して欲しい!そんな走り方!?ベタじゃない?ぐらいのおっさん走りですよ(笑)

さて、全体を通して、今回は前作「ウインター・ソルジャー」に続きバッキーのお話です。スティーブはバッキーの親友なので助けたいんです。
でも結局バッキーは自分の意思で冷凍睡眠の道を選ぶんですよね。結局解決はしていない。
今回分かったのはバッキーが過去に何をしてどのようにアベンジャーズ(前・スターク)と関連していたかってこと。

そして新キャラのブラックパンサー。彼はトニーと対局をなす存在になるのか?
自分の意志でのみ動くし、それに見合う金あるしね。なんせ王子だし。

次のキャプテンアメリカの作品があるかどうかは分からないけど、コミックはまだまだ映画にしてない続きがたくさんあるので今後の作品に期待!!

現在絶賛公開中!劇場に急げ!

アメリカよりも少し早く日本公開されたんですよ。
もうね、マーヴェル作品好きじゃなくてもアクション映画好きなら是非見て欲しい!
日本公開は2016年4月29日にスタートしてるので、まだまだ見れますよ!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です