ネタバレ感想あり!メリッサ・マッカーシー主演:The Boss『(邦題未定)ボス』

メリッサ・マッカーシー主演:The Boss『(邦題未定)ボス』

The_Boss_poster

個人的なコメディー・クィーン、メリッサ・マッカーシーの新作は金持ち女性実業家ミシェル・ダーネルのお話。

ちなみにこのThe Bossという映画タイトル、はじめはミシェル・ダーネル…この主人公の名前だったそうです。

監督は旦那様ベン・ファルコーン。脚本は夫婦そろっての執筆となります。
このコンビは前作の『タミー』に引き続きですが、前作の興行収入はイマイチだったので今作はどうなることか?
ちなみに公開した始めの週はSUPERMANvsBATMANを抜いて1位でした!まずまずの出だし!

予告編見たい方は気になる最新映画予告:The Boss『ボス(邦題未定)』でチェック!

スポンサードリンク

あらすじ

孤児院育ちのミシェル・ダーネルは、里親に引き取られは連れ戻されの繰り返しの幼少時代を過ごす。そんな中、彼女は自分の力で生きて行こうと決意する。

時は経ち、女性実業家として名を馳せたミシェルだったが、ライバル会社にはめられ?投獄&破産してしまう。

出所したミシェルはあてもなく彷徨うが、以前の秘書であるクレアを頼りに彼女の家に行く。そこでクレアの娘レイチェルの頼みで居候させてもらうことになる。

居候する条件としてレイチェルのお守りをする中で、ガールスカウトの会合に出席。そこでガールスカウトの活動に金儲けの光を見いだしたミシェルは、新たなガールスカウト事業を展開しようとする…

感想:ネタバレあり注意!

さらりと見れるかなりスッキリとしたコメディでした!
主人公のミシェルのバックグラウンドには『家族』に対してのコンプレックスがあって、それとは対象的なクレアファミリーなんだけども、そこの部分をそこまで深く掘り下げてなかった分のさらり感だったなぁと思います。逆に掘り下げられても困るかな…って感じ。

そして「女」としても対照的に描かれてたミシェルとクレア。クレアはシングルマザーなので女として気遣う部分をもうないがしろにしてるのとは対照的に自分に自信たっぷりでまだまだ性欲も盛んなミシェルは服装も持ってるアイテムもすべて完璧にしてる。
それは自分勝手&自意識過剰な女性実業家っぽいキャラが立つ部分でもあるんだけども、逆に、そこまで自信を持って生きてる女性ってきれいだなと思わせてしまう不思議。

コメディの内容としては素晴らしいの一言!さすがメリッサ・マッカーシー!笑顔も全て計算され尽くしてる感満載です!いやはや笑った!
そしてこの映画、なんとR指定ですよ!
Fワードや女性的下ねた満載でした!チケット買う時にびっくりしたもの(笑)

日本公開は?

アメリカ公開日は2016年4月8日。
未だ日本公開日は未定です。
前作『タミー』は日本公開されないままDVD販売直行作品だったので、今作もそうなる可能性が無いわけではないですが、是非公開されて欲しい!
されないにしても是非見て欲しい痛快コメディです!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です